お見合い相手は看護師がオススメ

低収入が悩みの婚活男性でも看護師女性と結婚できた理由を紹介

婚活頑張っているけど、収入が低くてなかなか結婚できない男性の方はいますか?

もしくは結婚するならどんな女性がいいか悩んでいる。

僕自身が看護師の嫁と結婚していますが、ズバリこんな不安定な世の中だからこそ看護師の女性をおススメします!さらに他の女性よりも出会いが圧倒的に少なく、付き合うまでの男性へのハードルが低くなっているのも事実。

今回の記事内容は「婚活相手の女性は看護師がオススメだよ!」な内容です。

結婚相手に看護師はどうなのかな? 結婚相手はどんな人がいいのかな? 結婚相手が見つからない! と思われた方は見ていって下さいね!

きっと婚活に対してプラスになる情報だと思います。

結婚するなら看護師が良い理由とは?

某大手転職サイトによる男性が結婚したいと思う女性の職業ランキングの第1位は、「看護師」だそうです。(ちなみに2位が女医、3位が公務員)

主な理由として「優しそう」「病気になった時に優しく看病してくれそう」経済的に安定しているなどなど、高収入な白衣の天使を想像してしまうからでしょう。

 

その反面で実際の看護師は白衣の天使のイメージとは逆で、プライベートでは「性格がキツそう」「病気になってもプライベートでは看病してくれないと聞いた」「忙しくてすれ違いの生活を送りそう」などが上げられます。

 

それでは実際に看護師の嫁を持つブログ主が、嫁が看護師で良かったと思う事・メリット、逆に現実とは違った事・デメリットなどを書いていきます。

嫁が看護師のメリット

他の女性よりも給料・生活面が安定している

・大きな病気になった時は看病してくれる、頼りになる

・基本的にタフな人(精神的・肉体的)な人が多い

・普段知らないような医学・看護の雑学ネタ、裏情報を聞ける

僕が看護師の嫁と結婚して実際に感じたのが以上の4点でした。

この中で特に看護師の強みは「給料面の高さ・安定感」だと思います。
普通に一般的なOL女性よりも稼げていますし、看護師は国家資格なので基本的に資格さえあればどこでも働けてしまう特権があります。

看護師の全国平均年収は450万円~500万円と言われています。仮に結婚して子供が出来て日勤だけになったとしてもリアルに400万円くらいの収入にはなるでしょう。(※東京や首都圏の病院の場合、もう少し高いです)

ちなみに女性の平均年収は300万円なので、単純に100万円も高い事になっています。

現在はコロナウィルスの影響で経済的に不安定ですが、看護師の場合ですと医療系なので基本的に仕事がなくなる事、極端な給料面での変動など不景に大きく左右されるという心配はありません。もし旦那が急に稼げなくなくなっても妻が看護師の場合はカバー出来てしまうんですね。(実際に嫁は普通の平均的な中小企業サラリーマンよりも給料は貰えています)

その他にも常に病気や医療系のちょっとした豆知識を聞けたり(特に医療系のドラマを見ていると勝手に説明してくれる)、大きな病気をした時などは基本的に的確な看病を受ける事ができます。

嫁が看護師のデメリットとは?

・ちょっとした病気では、あまり心配されない(むしろ放置される事も)

・一時的にストレスが爆発する時がある(ストレスが大きくかかる職業なので)

・夜勤などがあると、すれ違いの生活になりやすい

・激務なので基本的に家事は分担か、それ以上しなくていけない

基本的に看護師は激務です。夜勤なども月に4回以上あります。
なので家事は必然的に分担しなくてはならず、一般的な旦那が家に帰って来て、ご飯が出来ている状況をイメージしている人は違います。妻の帰りが遅かったら食事は自分が作ったり。妻が仕事で疲れていたら食後の食器を洗わなくてはいけません。

この他にも「子育てと夜勤」の両立は難しいなど、家事を分担していかなければ家庭は成り立たないのが現状です。(実体験より)

職業柄「忙しい」、「激務」と言う事もありストレスが溜まりやすく、一定の時期が来ると少なからず爆発する時あると思っておいた方がいいと思います。

とりあえずこれに対してのブログ主の解決策は「話を聞いてあげる事」、「日常的に妻を癒す事」です。もし看護師と結婚したならば、日常的に妻をねぎらう必要性がある事を覚えておいて下さい。

 

あとは「病気になったら手厚く看病してくれるか?」ですが、基本的に大きな病気や本当に看病が必要な状態にならなければ白衣の天使の様なイメージにはならないと思っていた方がいいでしょう。風邪からの熱なんかは「薬飲んで寝ててね!」で基本的に終わります。笑

 

メリットとデメリット書きましたが、ハッキリ言って看護師との結婚はメリットの方が大きい事。妻が看護師の特権は、基本的に何かあった時に頼る事ができる事です。

看護師は出会いが少なく、彼氏がいない人が多いのは事実だった

妻は今までに3カ所の病院を経験してきました。勤務した事のある病棟は5カ所になります。

その中で分かった事それは、「看護師は出会いがなく、彼氏がいないフリーな人が本当に多い」、「結婚願望がある看護師が多い」です。ちなみに20~35歳までの結婚適齢期の看護師で、平均して2/3は彼氏がおらず出会いを求めていました。

看護師は「結婚したい女性の第1位」に選ばれるほど男性から人気なのですが、とにかく女性が多い職場です。さらに多忙。基本的に男性と出会える確率は少ないんですよね。

だからこそブログ主は結婚、婚活するなら看護師女性と出会う事をおススメします。

看護師も出会いがなく異性に困っている状況です。なので意外かもしれませんが男性へのハードルが下がっているのも事実です。決して看護師女性よりも年収が少ないから劣っている、結婚できないと思わないで下さい。その当たりの事も、実は婚活をしている看護師は知っており大丈夫なんです。大切な事はいかに看護師を癒せるかだと思います。(ストレスがかかる仕事なので)

看護師と付き合いたいけど年収が低くて自信がない、と悩んで男性がいましたら積極的に看護師にアピールしていきましょう!

 

合わせて読みたい記事:看護師彼女の作り方を教えます!